RとR Studioのインストール

本格的にデータ分析をはじめる必要があり、Rに手を出しはじめました。
ずっと昔にR単体で利用したことがあったのですが、当時は非常に高度なツールで使いこなすこともできずにあきらめてしまったことがあります。
しかしながら、最近はデータ分析が流行していることもあり、いろいろな書籍やインターネットサイトもあるので比較的に障壁は低くなっているような気がします。

そこで再チャレンジということで、RとRのIDE(統合開発環境)としてR Studioの2つをWindows環境でインストールをしてみます。
(実は、Mac環境の方がむしろ簡単です)

Rのインストール

Rのサイトより、インストーラーをダウンロードします。
まずは、「base」をインストールすればOKです。

インストーラーの画面に沿って進めてゆくだけです。










これでRのインストールは完了です。Rの画面を立ち上げてみると、コンソールが表示されます。

R Studioのインストール

こちらもR Studio IDEのページよりインストーラーをダウンロードします。
ちなみにRをLinuxサーバで走らせてブラウザ経由で利用する方法もあるようですが、今回はクライアント型のIDEをインストールすることにします。

こちらもひたすらインストーラーに沿って進めてゆくだけです。





これでR Studioのインストールは完了です。IDEは結構かっこいい感じです。
あまりの簡単さに少し拍子抜けですが、今日のところはこんなところで。